ネットショップ構築サービス「MakeShop」と 「クラウド会計ソフトfreee(フリー)」が連携開始 〜ネットショップの仕訳・帳簿作成を自動化し、会計・経理業務を効率化〜
  • Facebook
  • twitter
  • google plus
2014年7月3日
報道関係各位
GMOメイクショップ株式会社
freee株式会社


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
相互的に初業種との連携、ネットショップ構築サービス「MakeShop」と
クラウド会計ソフト「freee(フリー)」が連携開始
〜ネットショップの仕訳・帳簿作成を自動化し、会計・経理業務を効率化〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 GMOインターネットグループのGMOメイクショップ株式会社(代表取締役社長:向畑 憲良 以下、GMOメイクショップ)と、freee株式会社(代表取締役社長:佐々木 大輔 以下、freee)は提携し、ネットショップ構築サービス「MakeShop」と、「全自動のクラウド会計ソフトfreee(フリー)」の連携を本日7月3日(木)より開始いたしました。
「MakeShop」をご利用のネットショップ運営者は、ネットショップの売上データを会計ソフトの「クラウド会計ソフト freee」に自動で取り込むことができるため、会計・経理業務の大幅な効率化の実現が可能となります。 この度の連携は、Makeshopは会計ソフトとは初の連携、freeeはネットショップ構築サービスとの初の連携となり、お互いに初業種との連携となります。

【連携開始の背景】
 GMOメイクショップが提供する「MakeShop」は、国内2万2,000店舗以上の導入実績を持つネットショップ構築サービスです。業界最高水準の650を超える機能数を誇り、業務効率化や購入(売上)に直結する機能はもちろん、ニッチな機能も充実させることで、柔軟なネットショップ運営を支援しています。
一方、freeeが提供する「クラウド会計ソフト freee」は、簿記の知識がなくても簡単にお使いいただける、個人事業主や中小企業のためのクラウド会計ソフトです。銀行やクレジットカードの入出金明細を自動で取り込み、会計帳簿を自動生成することができる新しいタイプの会計ソフトです。2013年3月のサービス開始から既に7万を超える事業所で利用され、現在も順調に利用社数を伸ばしています。
 近年、EC市場への新規参入が容易になったことで、ネットショップ運営における中小企業や個人事業主の割合が増加傾向にあります。こうした中小企業や個人事業主によるネットショップは、ごく少人数で運営されているケースが多く、そのため商品の管理から受注・発送、顧客対応までのショップ運営業務の他に、手作業による売上データの入力や帳簿作成などの会計・経理業務も行わなくてはならず、大きな負担となっています。
 こうした背景から、GMOメイクショップとfreeeは、経理や会計業務におけるネットショップ運営者の作業負担を軽減するべく提携し、この度「MakeShop」と「クラウド会計ソフト freee」間での売上データの自動連携を実現いたしました。

【「MakeShop」と「クラウド会計ソフトfreee」の連携について】
 「MakeShop」をご利用のネットショップ運営者は、「クラウド会計ソフト freee」をご利用いただくことで、今まで手作業で行っていた売上データの取り込みや、仕訳や帳簿作成、入金確認などの業務が自動で行われます。
 また、連携の際に煩わしい設定や作業を行う必要はありません。「MakeShop」利用者は、一度「クラウド会計ソフト freee」の連携設定をするだけで、以降は自動的に売上データを取得することが可能です。
MakeShopがfreeeと連携

特徴1.売上データを自動登録。帳簿への反映も自動化※1
 ネットショップに注文が入ると、自動的に「クラウド会計ソフト freee」へ売上として計上され、そのまま帳簿にも反映されます。商品の欠品や、購入者側のキャンセル等の理由で注文が取り消しになった場合は、「クラウド会計ソフトfreee」に反映された売上も取り消しとなるため、修正などの余計な作業は必要なく、経理業務の効率化を実現できます。
※1:注文日(お客様が商品を購入した日)を売上の計上基準日としています。

特徴2.売上データと銀行口座の入金データを突き合わせ・消し込み
 あらかじめ、「クラウド会計ソフトfreee」にご利用の銀行口座情報を登録することで、既に取り込まれている「Makeshop」の売上データと銀行口座に振り込まれた実際の入金データを簡単に突き合わせ、消し込むことができます。

特徴3.経理・簿記の詳しい知識がなくても、確定申告書や決算書を簡単に作成
 「クラウド会計ソフト freee」では、経理や簿記などの専門的な知識が無くても、画面に従って操作するだけで会社法に準じた決算書を作成できます。さらに個人事業主にとって時間と労力を割かれることの多かった確定申告に必要な帳簿も自動的に作成されるので、空いた時間を集客やショップの作り込みに費やすことができます。

【「MakeShop」ご利用料金について】(金額は全て税別)
■初期費用:1万円
■月額固定費用:フリープラン/無料、ビジネスプラン/3,000円、プレミアムプラン/1万円
※詳しくは「MakeShop」のHPをご確認ください
■申込方法:「MakeShop」のHPよりお申し込みください
■URL:https://www.makeshop.jp/main/registform/regist.html
■freee連携対象プラン:
・ビジネスプラン+ギガプラス10オプション(14,400/年)
・プレミアムプラン

【「freee」ご利用料金について】(金額は全て税込)
■初期費用:無料
■費用:
<無料プラン>無料
<標準プラン>
個人事業主月額個人事業主プラン/980円、法人月額プラン/1,980円
→キャンペーンにつき3ヶ月分が無料
※詳しくはfreeeのHPをご確認ください
■申込方法:「freee」のHPよりお申し込みご登録ください
■URL:http://www.freee.co.jp/

【GMOメイクショップ株式会社について】
 GMOメイクショップは、タグライン “EC for a better future.”と、スローガン“あなたの本気を本気でサポート”のもと、高機能ネットショップ構築・運営ASP「MakeShop」を中核にサービスを展開しています。国内2万2,000店舗以上の導入実績を誇り、2013年1月〜12月には総流通額で業界初の1,000億円突破を達成しています。これまでのサービス運営で培った高い技術力と豊富な実績を活かし、「MakeShop」をご利用のショップ運営者様に向けて、商品出品・集客サービス「アイテムポスト(http://www.itempost.jp/)」やスマートフォン表示対応をはじめ、商品仕入れサービス、3PL業者との連携による物流サービス「MakeShopforフルフィルメント」、奉行シリーズの連携による在庫連携サービス「MakeShop for奉行」、PR・スマホ・実店舗間など複数チャネルをシームレスに連携した「MakeShop forオムニチャネル」など、時代に即した新しいサービス・機能拡張および外部システムとの連携をし続けています。
 GMOメイクショップは、より多くのお客様に利便性の高いサービスをご利用いただけるよう、今後もECサービスの強化を図り、国内のEC市場の活性化に貢献してまいります。

【freee株式会社について】
freeeは、2012年7月に設立した、「全自動のクラウド会計ソフト freee」や「クラウド給与計算ソフト freee」を運営する会社です。「クラウド会計ソフト freee」は、簿記の知識がなくても簡単に使える、個人事業主や中小企業のためのクラウド型の会計ソフトで、銀行やクレジットカードの入出金明細を自動で取り込み、記帳を自動化する新しいタイプの会計ソフトです。2013年3月にリリースされて以来、順調に利用事業所数を増やし、2013年5月には、IT関連企業経営者の祭典、「Infinity Ventures Summit 2013 Spring」におけるデモ大会(Launch Pad)で優勝するなど高い評価を得ています。

以上

【報道関係お問い合わせ先】
●GMOメイクショップ株式会社 プロモーション戦略室 高橋
TEL:03-5728-6227 FAX:03-5728-6225 E-mail:kazuo@makeshop.jp

●freee株式会社 広報担当 前村
E-mail:pr@freee.co.jp

●GMOインターネット株式会社 グループ広報・IR部 石井・島田
TEL:03-5456-2695 FAX:03-3780-2611 E-mail:pr@gmo.jp

【「MakeShop」に関するお問い合わせ先】
●GMOメイクショップ株式会社 法人営業チーム
TEL:03-5728-6243 FAX:03-5728-6225 E-mail:soudan@makeshop.jp

【「クラウド会計ソフトfreee」に関するお問い合わせ先】して
●freee株式会社
E-mail:freee@freee.co.jp

【GMOメイクショップ株式会社 会社概要】
会社名 GMOメイクショップ株式会社 < http://www.makeshop.jp>
所在地 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表取締役社長 向畑 憲良
事業内容
■EC-ASP事業
■ECソリューション事業
■Web制作事業

【GMOインターネット株式会社 会社概要】
会社名 GMOインターネット株式会社 < http://www.gmo.jp/ >
(東証第一部 証券コード:9449)
所在地 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表取締役会長兼社長 熊谷 正寿
事業内容
■インターネット広告・メディア事業
■インターネット証券事業
■モバイルエンターテイメント事業



  • Facebook
  • twitter
  • google plus