マーケティングツール「MakeRepeater」 『かご落ちメール機能』を提供開始 〜かご落ち(カート放棄)した会員に自動でフォローメールを送り、購入を促進〜
  • Facebook
  • twitter
  • google plus
2017年11月21日
報道関係各位
GMOメイクショップ株式会社

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 GMOインターネットグループのGMOメイクショップ株式会社(代表取締役社長:向畑 憲良 以下、GMOメイクショップ)は、ネットショップ向けマーケティングツール「MakeRepeater」において、商品を買い物かごへ入れたものの購入せず離脱(=かご落ち、カート放棄)してしまった会員へ、購入を促すフォローメールを自動送信する『かご落ちメール機能』を、本日2017年11月21日(火)より提供開始いたしました(※1)。
 ネットショップ運営者は『かご落ちメール機能』を利用することで、購入可能性の高い“かご落ち会員”へ商品の購入を促すことができ、購入率の向上が期待できます。
 なお、本機能は、ネットショップ構築サービス「MakeShop」のプレミアムプランをご利用のネットショップ運営者向けに提供いたします。
(※1)本機能は、GMOインターネット株式会社が取得している特許(特許番号:特許第4796465号)の技術を活用しています。

<「かご落ちメール機能」利用イメージ>



【「かご落ちメール機能」について】
 「MakeShop」がご利用店舗を対象に実施した「かご落ち率調査(※2)」によると、買い物かご(カート)に商品を入れて注文画面へ進んだお客様のうち、約70%が途中で離脱(=かご落ち、カート放棄)していることが分かり、こうした機会損失を防ぐことがショップ運営における課題のひとつとなっています。
 そこでGMOメイクショップは、この課題を解決するべく、ネットショップ向けマーケティングツール「MakeRepeater」において、かご落ちしたお客様(会員)へ自動でフォローメールを送る『かご落ちメール機能』を提供開始いたしました。ネットショップ運営者は『かご落ちメール機能』を利用することで、買い物かごに商品を入れたものの途中で購入を見送ってしまった、購入可能性の高い会員へ購入を促すことができ、購買率の向上による売上拡大が期待できます。
(※2)2017年4月に「MakeShop」ご利用店舗7,720店を対象に実施。

特徴1)適切なタイミングのアプローチで購入を後押し
 『かご落ちメール機能』では、かご落ちが発生してから約30〜60分後に、会員の方がカートに入れた商品の画像つきメールを自動で送信します。メール内の商品画像をクリックすると、直接商品ページに遷移するので、スムーズな購買を促すことが可能です。また、メールが送信された24時間後に買い物かごに商品が残っている会員へは、リマインドメールが自動で送信されます。

特徴2)通常のメールよりも高い開封率・クリック率
 GMOメイクショップは『かご落ちメール機能』の正式提供に先立って、「MakeRepater」をご利用の一部店舗を対象にβ版を提供し、通常のメールマガジンと「かご落ちメール」の開封率を調査しました。
その結果、通常のメールマガジンの開封率は14.0%だったのに対し、「かご落ちメール」はその3倍の42.0%に上りました。またクリック率に関しては、通常のメールマガジンの2.7%に対し、「かご落ちメール」は6.5%と、3.8ポイント上回りました。
 このことから、「かご落ちメール」は商品購入へのモチベーションが高い会員へ効果的にアプローチすることができ、売上にも直結しやすいといえます。

特徴3)最短1分で送信が完了
 『かご落ちメール機能』では、メール配信用のテンプレートをご用意しております。テンプレートには予めメール文章が入力されており(※3)、商品画像も会員に合わせて自動で生成されるため、わずか3クリック、最短1分で送信が完了します。
(※3)自動生成される画像エリア以外は、メール文章の編集も可能です。

特徴4)レスポンシブメールデザインのメールを送信可能
 配信メールは、画像や動画で視覚的に訴求が可能なHTML形式に対応。また、PC・スマートフォン・タブレットなど閲覧環境ごとに表示が最適化されるレスポンシブメールデザインに対応しており、視認性に優れています。お客様の目に留まることで、改めて商品の魅力を訴求でき、さらに操作性の高いことから、クリックにもつながりやすく、メールマーケティングにおいて高い効果が期待できます。

<『かご落ちメール機能』の概要>
                                                
対象者           「MakeShop」のプレミアムプラン、および「MakeRepeater」を有料契約しているショップ運営者様
ご利用料金(※4)       初期費用:無料
月額費用:3,000円(税抜)
お申込み方法      「MakeRepeater」の管理画面よりお申し込みください
(※4)別途「MakeShop」および「MakeRepeater」の利用料金が必要となります。詳細は以下をご参照ください。
・「MakeShop」の料金 URL:http://www.makeshop.jp/main/plan/
・「MakeRepeater」の料金 URL: http://www.makerepeater.jp/lp/price/index.html

【「MakeRepeater」の今後の展開について】
 GMOメイクショップでは、2014年9月より、リピーター促進のための顧客自動分析・メールマーケティングが行えるクラウド型ECマーケティングツールとして「MakeRepeater」を提供してまいりました。
 今後「MakeRepeater」では、消費者の購買プロセスを表した購買ファネルの各段階に合わせて、【集客・転換・リピート】の観点からネットショップの売上向上を支援してまいります。
 現在、購買ファネルにおける【転換】では、人工知能が訪問者の購入のためらいを自動検知しクーポンを表示する「購入アシスト機能」、今回提供開始した「かご落ちメール機能」を展開しており、【リピート】においては、特定の行動やイベントに沿ったシナリオ設定をおこない配信する「シナリオメール」を展開しています。今後は【集客】をカバーする新機能を開発することで、幅広いマーケティングニーズにお応えできる「統合型マーケティングツール」を目指してまいります。

【GMOメイクショップ株式会社について】
 GMOメイクショップは、“EC for a better future.”と、スローガン“あなたの本気を本気でサポート”のもと、ネットショップ構築ASP「MakeShop」を中核にサービスを展開しています。「MakeShop」は国内2万店舗以上の導入実績を誇っており、2016年1月〜12月には総流通額が1,441億円に達し、5年連続で業界No.1を獲得いたしました。これまでのサービス運営で培った高い技術力と豊富な実績を活かし、「MakeShop」のシステムをベースに「予約販売機能」や「定期購入機能」、BtoBサイト構築を可能にする「BtoBオプション」、社内販売専用ショップを構築できる「シークレットショップ機能」など、店舗様のご要望に応じた様々な機能を追加しています。
 また、2013年から提供している「MakeShop」の上位プラン「カスタムMakeShop for クラウド」では、外部基幹システムや販売管理システム、POSシステムとの連携も可能となっています。今後もGMOメイクショップは、広範なEC領域において、店舗様が抱える様々な課題を解決できるよう、今後もサービスの強化を図り、国内のEC市場の活性化に貢献してまいります。

【報道関係お問い合わせ先】
●GMOメイクショップ株式会社
プロモーション戦略室 広報・IRチーム 磯田
TEL:03-5728-6227 E-mail:pr@ml.makeshop.jp
●GMOインターネット株式会社 グループ広報・IR部 石井・島田
TEL:03-57456-2695 E-mail:pr@gmo.jp

【サービスに関するお問い合わせ先】
●GMOメイクショップ株式会社
TEL:03-5728-6224 E-mail:help@makeshop.jp

【GMOメイクショップ株式会社】(URL:http://www.makeshop.jp/
会社名 GMOメイクショップ株式会社
所在地 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者 代表取締役社長 向畑 憲良
事業内容
■EC-ASP事業
■ECソリューション事業
■Web制作事業
資本金 5,000万円

【GMOインターネット株式会社】(URL:https://www.gmo.jp/
会社名 GMOインターネット株式会社
所在地 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者 代表取締役会長兼社長・グループ代表 熊谷 正寿
事業内容
■インターネットインフラ事業
■インターネット広告・メディア事業
■インターネット金融事業
■モバイルエンターテイメント事業
資本金 50億円



  • Facebook
  • twitter
  • google plus