リスティング広告運用代行サービス

リスティング広告とは

ネットショップを開店したらリスティング広告

リスティング広告とは、グーグルやヤフーの検索結果で「検索したキーワード」と連動して表示される広告のことです。「アドワーズ」や「Yahoo!リスティング」などのサービスが有名です。
クリックされたときのみ費用がかかる従量課金制なので、低コストで効果的な集客が可能です。明確な目的を持ったユーザーのみに広告表示が可能なため、見込み客を確実に自社へ誘導することができます。
これにより、ネットショップの集客を計画的、かつ迅速に行うことが可能になります。繁盛店の多くが、リスティング広告を実施しており、ネットショップ運営上欠かせない広告手段と言えます。
ネットショップ開店後、また、売上アップのために、まず着手するべき有料広告がリスティング広告と言えます。

主な特徴

一般広告 リスティング広告

効果の有無に関係なく料金が発生

広告の表示自体は無料。その広告をユーザーがクリックして、ホームページに誘導できたときだけ料金が発生します。ムダな広告料金は必要ありません。

掲載メディアが広告料金を決める

掲載希望者が広告料金を設定して、その料金と広告内容のクオリティが高い掲載者が上位に表示されるオークションに近い形式です。適切な料金に抑えておけば費用対効果が悪化しません。

ユーザー全員に同じ広告を掲載

検索連動広告はユーザーがどのキーワードで検索したときに広告を表示するかを指定できるため、見込みの高いユーザーだけにアピールできます。さらにユーザーの地域も指定できます。

1メディアのユーザーにしか見せられない

インターネットの視聴No.1サイトYahoo! JAPANをはじめ、MSN、excite、NIKKEI NET、asahi.comなど多くの国内主要サイトに掲載され、合計すると80%以上(※1)のネットユーザーに表示可能になります。

広告の効果がわからない

どのキーワードがどれだけ費用がかかり、クリックがあったか、さらに販売・予約受付サイトでは、この広告を経由してどれだけ成約したかなどがレポートで閲覧できます。

他社のリスティング広告運用代行サービスとはここが違います! ネットショップ22,000社以上のシステムを運用し、あらゆるジャンルのECの成功ノウハウが豊富 独自の運用手段により他社と比べて圧倒的な低料金でサービス提供 自社サービスをスポンサードサーチに掲載して売上を伸ばしたスタッフが運用を担当

ご利用料金

初期アカウント開設費用2万円 アカウント運用代行手数料月額広告費用の20%

※最低月額広告費用5万円以上となります。
※本サービスはMakeShopのご契約ショップ様に限ります。

ご利用の流れ

初期アカウント開設費用2万円 アカウント運用代行手数料月額広告費用の20%