ヘッドレスコマースとは?仕組みから実装に適したプラットフォーム、事例まで紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ヘッドレスコマースとは?仕組みから実装に適したプラットフォーム、事例まで紹介

ヘッドレスコマースは特定のフロントシステムをもっておらず、ECサイトやメディアサイト、アプリなど、あらゆるフロントシステムと連携が可能となります。また、さまざまなフロントシステムを顧客とのタッチポイントとして活用できます。ヘッドレスコマースの利用を検討されている方は是非参考にしてみてください。

目次

ヘッドレスコマースとは

ヘッドレスコマースとは、フロントシステムとバックエンドシステムを分離させたコマースシステムです。通常、ECサイトをはじめとするコマースシステムにおいては、ユーザーとの接点となるフロントシステム、ショップ様が利用するバックエンドシステムが一体となっています。一方、ヘッドレスコマースは特定のフロント部分をもっておらず、さまざまなフロントシステムを顧客とのタッチポイントとして活用できます。

ヘッドレスコマースの仕組み

前述のとおり、ヘッドレスコマースは特定のフロントシステムをもっていません。ECサイトやメディアサイト、アプリなど、あらゆるフロントシステムを連携させられます。
そこで必要になるのがAPI(アプリケーション・プログラミング・インターフェイス)です。APIを活用すると、もともと別のシステムで管理していた情報を最適化して共有できます。
そのため、それぞれのフロントシステムを異なるCMSやCRMで管理していたとしても、バックエンドのコマースシステムは一元管理できます。

従来型のECシステムとの違い

従来型のECシステムは、フロントシステムとバックエンドシステムが一体となっている様子からモノリシック構造であるといわれます。モノリシックは「一枚岩」や「一体型」という意味です。
モノリシック構造の場合、フロントとバックエンドを切り離すことはできず、それぞれが互いに依存しあいます。そのため、システムの都合上、対応できない機能や仕組みなども少なくありません。
一方、ヘッドレスコマースでは一つのバックエンドシステムに対して、複数のフロントシステムを設けられます。たとえば、フロントシステムによって違う見せ方をしたり、機能を変えたりすることも可能です。

ヘッドレスコマースのメリット

ヘッドレスコマースのメリット

ヘッドレスコマースにはさまざまなメリットがありますが、複雑な仕組みとなっているため、具体的にイメージできていない方も多いのではないでしょうか。例をあげると、UI/UXの改善、OMOやオムニチャネルへの移行などの面でメリットがあります。
以下では、ヘッドレスコマースのメリットについて解説します。

UI/UXを改善しやすい

UI/UXは、顧客体験を大きく左右する要素の一つです。しかし、モノリシック構造の場合、UIを変更するにはフロント・バックエンドの両面で調整を図らなければいけないほか、そもそも実現できないUIを実装するにはシステムを入れかえなければいけません。
一方、ヘッドレスコマースであれば、あるフロントシステムでは実現できないUIを、別のフロントシステム上で実装する手段があります。また、フロントとバックエンドのシステムが一体化していないため、どちらか一方を調整することも容易です。
フロントシステムの仕様によってUIを調整して、チャネルごとにUXの最適化を図れれば顧客満足度の向上にもつながるでしょう。

OMO・オムニチャネルとの相性がよい

OMOやオムニチャネルは、近年のEC業界においてトレンドとなっているワードです。いずれもオンラインとオフライン含む、複数のチャネルを連携して一貫した顧客体験を提供する施策です。OMOやオムニチャネルに対応できると、顧客により高度なサービスを提供できるものの、各チャネルを連携するにはデータの一元管理が課題となっています。
一方、ヘッドレスコマースはバックエンドシステムの一本化によって、自動的にデータを一元管理する仕組みを構築できます。一般的なOMO・オムニチャネル施策で言及されるECサイトや実店舗はもちろん、サイネージやボイスコマースなどのフロントシステムとも連携できる点は、ヘッドレスコマースならではの強みです。
顧客とのタッチポイントを増やせるうえ、それぞれのチャネルにおいて最適化された顧客体験を提供できるため、サービスの面で競合他社と差別化を図りやすくなるでしょう。

ヘッドレスコマースのデメリット

ヘッドレスコマースのデメリット

ヘッドレスコマースは、UIの構築や複数チャネルの活用において優れていますが、構築コストやリソース負担の面ではデメリットもあります。いずれも導入時のボトルネックとなりやすいポイントのため、事前にチェックしておくことが大切です。
以下では、ヘッドレスコマースのデメリットについて解説します。

構築にコストと時間がかかる

ヘッドレスコマースのECサイトは、モノリシック構造のECサイトに比べて、構築にコストと時間がかかります。とくにモノリシックのECサイトを再構築して、ヘッドレスコマースに乗り換える際には注意が必要です。
ゼロからヘッドレスコマースを構築する際にコストがかかるのはもちろんですが、既存のプラットフォームやデータを引き継いだ構築は、さらに複雑化するケースが多くなります。そのため、開発を担当するベンダーの選定、新たなプラットフォームの検討なども慎重に行わなければいけません。

APIなどの高度なスキルが求められる

前述のとおり、ヘッドレスコマースが複数のフロントエンドと連携する際には、APIを用いてデータを引き継ぎます。異なるソフトウェアどうしを連携させるうえで、APIは必要不可欠です。
API連携の際には、デベロッパーから提供されているAPIドキュメントをもとに、連携システムを開発します。しかし、APIを用いた開発はエンジニアにとっても容易ではありません。高度なスキルや経験をもった人材がいないと、APIやプラットフォームなどがそろっていてもヘッドレスコマースを実現するのは難しいでしょう。
なお、ヘッドレスコマースを導入する際には、APIのほかにもさまざまな知見が求められます。社内に適任者がいない場合、外部のベンダーやパートナー企業に入ってもらう必要がありますが、たしかな経験と実績をもった企業に依頼することがポイントです。

ヘッドレスコマースを実現できるECプラットフォーム

ヘッドレスコマースを実現できるECプラットフォーム

ヘッドレスコマースは、どんなプラットフォームでも導入できるわけではありません。ECシステムのなかでも、一括管理に耐えうるバックエンドシステムとAPIを備えていることが必須です。
大手のベンダーが提供するシステムであっても、一定の条件を満たす仕様でなければ、ヘッドレスコマースを実現することはできません。そのため、ヘッドレスコマースを検討している場合は、ヘッドレスコマースに対応できるプラットフォームを選んでおくことが大切です。
以下では、ヘッドレスコマースを実現できるECシステムについて紹介します。

Shopify

Shopifyとは、世界最大級のECプラットフォームです。Shopifyを利用すれば、Amazonや楽天市場のようなECモールとは異なる、独自のECサイトを構築できます。もともとはカナダで開始されたサービスですが、現在では175か国以上で利用されています。日本語対応はもちろん、多言語・多通貨への対応のほか、海外への配送もできるため、越境ECの構築にも向いているプラットフォームです。
Shopifyの特徴は、バックエンドにおけるデータ管理に優れている点です。とくにShopifyは導入実績も豊富で、開発可能なベンダーが多いシステムとしても知られています。システムに対する信頼性が高いことから、ヘッドレスコマースを導入する企業のうち、多くがShopifyを利用しています。

EC-ORANGE

EC-ORANGEは、オープンソースのEC-CUBEをもとに開発されたECパッケージです。一般的なカートASPやオープンソースに比べると、導入時のコストは高くなりますが、主要機能がパッケージに含まれているため、開発の面で導入しやすい点が特徴です。モールやO2O、オムニチャネルをはじめ、複数のパッケージプランが用意されており、ニーズに応じたプランを選択できます。
また、もともとオープンソースのシステムをベースとしているため、インハウス・アウトソーシングを問わず、カスタマイズがしやすい点も魅力です。ヘッドレスコマースにおいてはさまざまなカスタマイズが求められます。拡張性に長けたプラットフォームを利用することは、デザインや機能の自由度向上にもつながるでしょう。

Amazon

大手ECモールのAmazonもヘッドレスコマースに適したプラットフォームの一つです。Amazonは、Amazon ECSと呼ばれるコンテナ管理サービスを提供しています。具体的には、Dockerコンテナをスムーズに実行・停止できるシステムです。
Amazon ECSは、エンジニアの開発作業の効率化に大きく貢献しています。たとえば、複数のエンジニアで開発をしている場合、システムを改変するとほかの作業工程にも影響を与えてしまうため、テストや実装のタイミングがシビアになります。しかし、Amazon ECSを利用すれば、ほかのエンジニアや作業環境に影響を与えることなく、マイクロサービスのテストや改善を実施できるでしょう。

ヘッドレスコマースの成功事例

ヘッドレスコマースの成功事例

ヘッドレスコマースを導入する際は、競合他社の事例をもとに、自社の戦略を考えることが大切です。まだそれほど普及していないEC戦略のため、導入事例の数も多くはありませんが、パイオニアの成長戦略を知っておくと戦略をたてやすくなるはずです。
以下では、ヘッドレスコマースの成功事例について紹介します。
※こちらの事例では、MakeShop以外で制作したサイトも紹介しております。あらかじめご了承ください。

コアラマットレス

コアラマットレスは、オーストラリアの寝具メーカーです。ECシステムはShopify Plus、CMSはContentfulを利用しており、ヘッドレスコマースを実現しています。コアラマットレスはコンテンツマーケティングによって集客していますが、コンテンツを制作するライター陣、システムを開発するエンジニア陣の担当範囲をうまく分離させています。業務によるセグメント化ができるのもヘッドレスコマースならではのメリットです。

Victoria Beckham Beauty

Victoria Beckham Beautyは、オンライン専門のコスメブランドです。コアラマットレスと同じく、Shopify PlusとContentfulの併用によってヘッドレスコマースを実現しています。同社は、オンラインを主戦場としていることもあり、ページの表示速度をはじめ、WebにおけるUXを重視していました。フロント部分で迅速に改善を図り、UX向上に成功しましたが、スピーディーな開発や改善ができたのはヘッドレスコマースのおかげです。

Chillys

Chillysは、イギリスのボトルブランドです。Shopify PlusとDatoCMSによってヘッドレスコマースを導入しました。Shoppify PlusとDatoCMSはいずれもAPIベースのプラットフォームです。ECシステムとCMSの両面でヘッドレス化を推進することによって、SEOやUI/UX戦略に取り組んでいます。

Nike

世界的スポーツブランドのNikeは、Amazonを主軸にヘッドレスコマースに取り組んでいます。Amazon DynamoDBをもとに、シンプルなデータベースをまとめており、バックエンドシステムの簡素化を図っています。
また、AmazonのWebサービスをモバイルアプリとも連携させており、コンテンツ配信や機能追加に活用している点も特徴的です。

まとめ

まとめ

ヘッドレスコマースは、ECシステムのフロントとバックエンドを分離させる考え方です。従来型のECサイトではフロントとバックエンドの兼ね合いが問題になるケースがありましたが、それぞれが分離しているヘッドレスコマースではあらゆる課題を解消できます。
一方、システムの構築にかかるコストや負担の面では、従来型のECサイトに劣るのも事実です。そのため、ヘッドレスコマースの導入に際しては、あらためて必要性を検討することが大切です。

MakeShopは
ネットショップ・ECサイトに
必要なすべてが揃っています

60秒でかんたん
無料体験してみる

MakeShopについての
お問い合わせ・ご相談は
お気軽にお電話ください。

新規お申し込み・開店について

03-5728-6236

制作会社様・パートナー制度について

03-5728-6316

【受付時間】10:00~12:00/13:00~18:00(土日祝日を除く)