新規出店ご相談窓口 10:00〜12:00/13:00〜18:00(土日祝日を除く)
03-5728-6236

Amazonマーケットプレイスを出品者向けに徹底解説!個人でもかんたんに出品できる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Amazonマーケットプレイスを出品者向けに徹底解説!個人でもかんたんに出品できる

Amazonに出品されている商品は、Amazonが直接販売する商品だけではありません。一般の個人や法人が販売する商品も相乗り出品されています。

Amazonに出品できる商品は、新品に限らず中古品やコレクター商品も可能。しかも出品の手続きは驚くほどかんたんなので、不要になった古本1冊から出品することもできます。

Amazonは国内最大のECモールであり集客力は抜群。Amazonマーケットプレイスの基本を抑えて、Amazonの出品に乗り出しましょう。

あわせて確認したい

「ネットショップ・ECサイトを作りたい」
と考えている方向けの資料ダウンロード

  • MakeShop(メイクショップ)は使いやすいから売れやすい。
  • 初めてでも誰でもカンタンに。だから継続率98%。
  • 販売手数料がかからないので圧倒的に安い。
  • EC業界の市場規模・トレンドについての解説付き。
  • 継続率98%:2020年1月〜2020年9月までの期間において毎月契約更新したショップ様の割合(長期契約のショップ様も含みます)
  • No.1:流通額=受注金額。ネットショップ・ECサイト構築サービス運営企業各社の発表数値より、ASPサービス単体の数値を算出し比較(自社調べ 2021年3月時点)

目次

Amazonマーケットプレイスとは?

Amazonマーケットプレイスとは?

マーケットプレイスとは、インターネット上で売り手と買い手が自由に参加できる場所のことです。生産者が出品し販売する「直売所」のネット版をイメージするとわかりやすいかもしれません。

Amazonで販売されている商品は、Amazonが直接販売する商品だけではなく、一般の出品者が販売する商品もあります。
Amazonマーケットプレイスは、「一般の出品者」が販売できる仕組みであり、利用することでAmazonで商品を販売することができます。

Amazonの流通総額は公表されていませんが、2019年の年次報告書のデータから推測すると「一般の出品者」の販売は全体の58%に達します。

なお、Amazonマーケットプレイスで販売した商品の配送方法は2つあります。1つは「Amazonから発送する」ものと、「自己発送」するものです。前者はAmazonの倉庫に保管し配送する方法で、後者は出品者が梱包して発送する方法です。

Amazonマーケットプレイスの出品方法

Amazonマーケットプレイスの出品方法

Amazonマーケットプレイスに出品する方法を見ていきましょう。

出品用アカウントを作成する

Amazonマーケットプレイスの登録はとてもかんたん。次の2つの書類を用意してアップロードすれば申請完了です。

  • ● 有効期限内の顔写真入りの身分証明書(パスポート、運転免許証)
  • ● 過去180日以内に発行された各種取引明細書(クレジットカードの利用明細書など)

申請は約3営業日ほどで完了します。登録は個人でも可能なので、副業サラリーマンや主婦でも出品できます。

審査が完了したあとに、クレジットカードや銀行口座、お店の名前などを初期登録すれば、出品準備は完了です。

Amazonに商品登録する

出品アカウントを登録したあとは、出品したい商品を登録します。Amazonマーケットプレイス内で販売されている商品を出品する場合は、商品名やJANコード(日本商品コード)などで検索します。

すでに販売されている商品の出品を「相乗り出品」と呼びます。相乗り出品はすでに存在する商品ページ内に出品するため、自分でページや説明文を作成する必要はありません。

Amazonマーケットプレイスに登録されていないオリジナル商品を販売する場合は、JANコードなどの製品コードを取得したうえで商品詳細を登録します。

商品を発送する

Amazonマーケットプレイスで販売する商品は、出品者が発送方法を決めます。

  • ● 自己発送
  • ● FBA(フルフィルメント By Amazon)

自己発送の場合は、字のごとく自分で配送する方法です。出品した商品が売れた場合、Amazonセラーセントラルという管理画面で確認ができます。または、登録したメール宛にも届きますので、確認後に納品書を印刷し梱包・発送します。

FBAはAmazonの倉庫に商品を保管し、注文後の梱包や発送、返品などの配送業務を代行するサービスです。代行手数料は別途かかりますが、配送作業のすべてを代行できるため非常に楽です。また、Amazonマーケットプレイスでは、FBA利用の出品者を優先的に上位表示されるため、商品が売れやすくなります。

EC業界の市場規模・トレンド解説付き

Amazonマーケットプレイスの手数料

Amazonマーケットプレイスの手数料

Amazonマーケットプレイスの出品者は「小口出品」と「大口出品」の2パターンに分けられます。

項目 小口出品 大口出品
月間登録料 無料 4,900円/月
基本成約料 100円/回 無料
販売手数料 8%〜15% 8%〜15%

小口出品は、販売する商品が少ない出品者向けのプランです。月額登録料は無料で、1点売れるごとに100円の基本成約料がかかります。

大口出品は、月額登録料は4,900円かかりますが、基本成約料は無料。つまり月50点以上の商品を売るのであれば、大口出品がお得になります。また、大口出品では一括出品できる機能や、スポンサープロダクト広告の利用ができるなど、サービス面が充実します。

販売手数料は、商品カテゴリーなどにより異なりますが、おおむね15%かかります。

※Amazon出店の方法や手数料について、次のページで詳細を紹介しております。あわせてご参考にどうぞ。

Amazonマーケットプレイスに出品するメリット

Amazonマーケットプレイスに出品するメリット

ネット上で商品を売りたいとき、ECサイトやフリーマーケットなどさまざまな販路があります。数ある販路の中でAmazonマーケットプレイスが長けているポイントをご紹介します。

商品の出品がカンタン

Amazonマーケットプレイスを利用する最大のメリットは、出品のかんたんさにあります。

楽天市場やYahoo!ショッピングでネットショップを立ち上げるとなると…サイトづくりや運営、集客をすべて構築しなくてはならず、大きな労力とコストがかかります。

Amazonマーケットプレイスでは、既存の商品ページに相乗り出品できるため、単純に商品登録するだけでOK。出品の手間がかかりません。

Amazonの桁違いの集客力

Amazonは月間で5,000万人以上が利用する国内最大のECモールです。集客力は圧倒的で、かつAmazonがお客を呼び寄せてくれるため、ニッチな商品であっても売れやすいです。

Amazonが売上金を回収してくれる

ECサイトの場合は、商品が売れた後に利用者へ振込先の連絡をおこない、入金確認をおこなう手間があります。Amazonマーケットプレイスを利用すると、売上金の回収と振込を代行しておこなってくれるので手間がかかりません。

また、フリーマーケットのような「値下げ交渉」はなし。注文が確定次第、配送処理をおこなうだけで済みます。なお、Amazonマーケットプレイスの入金サイクルは14日間です。14日ごとに締めて5営業日以内に入金されます。

Amazonマーケットプレイスに出品するデメリット

Amazonマーケットプレイスに出品するデメリット

続いてAmazonマーケットプレイスに出品するデメリットを見ていきましょう。

手数料が高い

小口出品の場合は、月額料も無料で1品売れるごとに100円の成約料がかかります。この手数料に加えて、販売手数料が加算されます。

販売手数料は出品するカテゴリーによって異なりますが、おおむね15%です。さらに本やCDなどのメディアを販売する場合は、15%の成約料が加わります。

価格競争が起きやすい

Amazonマーケットプレイスの魅力は、膨大な商品点数と迅速な配送サービスやサポートなどがありますが、「最安値」も大きな要因です。
Amazonマーケットプレイスはかんたんな手続きで出品できることもあり、出品者の数は年々増えています。そのため、相乗り出品するライバルが多い場合は、価格競争が起きやすくなります。

継続的にAmazon販売するためには、ライバルが多い商品に出品を避けるか、薄利多売の戦略を取る方法などありますが…いずれも険しい道のりです。

リピーターを作るのが難しい

Amazonマーケットプレイスは、なんだかんだ「商品」と「価格」が売れ行きを左右します。
楽天市場などの「出店型」ECモールであれば、お店の品揃えや独自サービスによって独自性を図ることができます。独自性によって共感するファンが増えリピーター収益が期待できます。

Amazonマーケットプレイス自体は利便性が高いため、今後も安定的にリピーターは維持されるでしょう。しかしながら個々の「出品者」に対してリピーターを作るのは難しいのが実情です。

Amazonマーケットプレイスでの返品・返金対応は?

Amazonマーケットプレイスでの返品・返金対応は?

購入者より返品リクエストを受け取った場合、Amazonが定める「返品ポリシー」に従い返品対応をおこなう必要があります。返品ポリシーの条件は商品やカテゴリーによって異なりますが、原則として商品到着から30日以内の返品・交換をおこなわなければいけません。返品ポリシーの詳細について、次のページを一読しておきましょう。

自己発送の場合は、独自の返品・交換条件を設けることができます。ただし、Amazonの返品ポリシーと同等か、それ以上の返品ポリシーを提供する必要があります。

返品リクエストの承認後は、購入者から出品者へ直接返品されます。返金する際は、商品の受領後に注文管理ページ(Amazonセラーセントラル)より処理をおこないます。

なお、自己発送の場合の返品送料は、購入者と出品者のどちらが負担するかを任意で決めることができます。ただし購入者都合による返品などの理由でない限り、購入者に返品送料の負担を求めるとトラブルになりかねませんので気をつけましょう。

Amazonマーケットプレイスのよくある疑問

Amazonマーケットプレイスのよくある疑問

最後にAmazonマーケットプレイスの出品でよくある悩みや疑問にお答えします。

マーケットプレイス保証で出品者は損する?

購入者よりAmazonマーケットプレイス保証が申請されると、取引状況の調査がおこなわれます。出品者に落ち度がある場合、全額返金のうえ出品者のペイメントから引かれます。出品者に落ち度がない場合は申請が却下となります。出品者と購入者の双方の主張が認められる場合は、Amazonが全額負担してくれます。

なお、Amazonマーケットプレイス保証が申請されると、出品者側の評価(顧客満足度指数)が下がります。顧客満足度指数が下がると商品が売れづらくなり、著しく評価が低い場合はアカウント停止や閉鎖されることもあります。

高評価をもらうには?

Amazonのカスタマーレビューの評価は購買行動に大きな影響を与えます。高評価をもらうためには、商品や配送の品質を向上させることが大前提。カスタマーレビューは意図的に書くことや依頼は禁止ですが、購入者へ投稿を誘導することは問題ありません。Amazonでは購入者へ「フォローメール」を送信する機能があり、購入のお礼とともにレビューの投稿を誘導することができます。

「マーケットプレイスに出品する」ボタンが表示されないときは?

出品したい商品の出品ボタンがない場合、セラーセントラルより登録できます。手順は以下のとおりです。

  1. 1. 出品したい商品のAISNをメモします。
  2. 2. セラーセントラルにログインし「商品登録」をクリックします。
  3. 3. 検索フォームにAISNを入力し検索します。
  4. 4. 該当商品に表示される「出品する」より登録します。

領収書はかんたんに発行できる?

領収書は、購入者が注文履歴から印刷をおこないます。出品者側の発行手続は一切ありません。なお、コンビニ払いや代金引換など一部の決済は、各会社より領収書が発行されます。

注文後にキャンセルされたら?

商品の出荷前であれば、注文者は注文履歴からワンクリックでキャンセルが可能です。出荷後は「返品リクエスト」より連絡をもらいます。返品リクエストを受け取った際は、返品・返金処理をおこないます。(FBAの場合はAmazonが返品処理を代行してくれます。)なお、返品リクエストに48時間以内に返答しないとAmazonマーケットプレイス保証を申請されてしまい、出品者の評価が落ちるので注意しましょう。

個人の出店で失敗しないためには?

Amazonマーケットプレイスは個人でもかんたんに出品できます。ただし手数料が高めの設定なので、手数料を含んだ利益率を念頭に、商品の仕入れと販売をおこないましょう。また、副業で年間20万円以上の所得が見込まれる場合は、納税義務が発生します。ビジネスとして出店し売上を伸ばしていくなら、個人事業主の開業届を出しましょう。

初心者でも上手くいく?

ご紹介したとおりAmazonマーケットプレイスの出品はかんたんにできますが、その分競争が激しいです。不安が残る方は、Amazon以外のネットショップ開業方法も選択肢に入れてみましょう。
どのサービスを選べばいいか分からず悩んでいる方は、ECサイト構築サービスMakeShop(メイクショップ)を検討してみてはいかがでしょうか。9年連続ショップ売上高No.1の売れるサービスで、サポート体制も強化しております。15日間の無料体験期間中から新規出店アドバイザーがご相談に乗ります。(もちろんご相談も無料です)

※No.1:流通額=受注金額。ネットショップ・ECサイト構築サービス運営企業各社の発表数値より、ASPサービス単体の数値を算出し比較(自社調べ 2021年3月時点)

まとめ

Amazonマーケットプレイスについてご紹介しましたが、いかがでしょうか?Amazonマーケットプレイスで出品するのは、案外かんたんであることがお分かりいただけたかと思います。

Amazonは月間で5,000万人以上が利用する国内最大のECモール。Amazonマーケットプレイスに出品することで集客はAmazonがおこなってくれるため、販路としては最適でしょう。

ただし良質な出品者ばかりではないため、出品者の評価や信頼は売れ行きを大きく左右します。Amazonマーケットプレイスで商品を効率的に売るためには、Amazonの利用者から高い評価がもらえることが大切です。良い評価がもらえるよう、質の高い出品と配送を心がけましょう。