開業ノウハウ

ECモールランキング!ECモールの意味や種類〜メリット・デメリットまで解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ECモールへの出店を検討されている方は必見!
たくさんの種類がある「ECモール」ですが、当記事ではECモールランキングと、それぞれのメリット・デメリットについて解説します。
特にEC初心者の方は失敗しないよう、ぜひこの記事で理解を深めてください。

ネットショップを成功させたい方必見!
8年連続No.1のネットショップ・ECサイト構築サービスMakeShopは、あらゆる業態・商材のECビジネスをサポートしています。

モールよりも低コスト・高自由度で、顧客データを保持してリピーター促進に活用できるほか、Instagram連携や送料無料ラインの自由設定も可能です。

まずは15日間無料でお試しいただけます!(無料体験期間中は一切費用は発生しません)

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。専門スタッフが詳しくご説明いたします!

まずは15日間の無料体験から
1分で完了します
無料体験をはじめる

目次

ECモールの流通総額ランキング

  • 1位:楽天 3兆8,595億円
  • 2位:Amazonジャパン 3兆4,238億円(推定)
  • 3位:Yahoo!ショッピング 8,519億円
  • 4位:ZOZOTOWN 3,423億円
  • 5位:Wowma! 1,287億円(推定)

こちらは各社の決算での発表の数値を基に、2019年の1年間の流通総額で割り出した国内のECモールのランキングです。(一部推定値あり)
トップを走るのは楽天。こちらは楽天市場だけに限らず、連携サービスの楽天トラベルやフリマアプリのラクマの流通額も合計した数字です。そのため、純粋なモールのみの売上でいえば2位のAmazonジャパンのほうが上だと推測されます。
楽天、Amazonジャパン、Yahoo!ショッピングの上位3社は、国内ではいわば3強。会員数・出品店舗数ともに群を抜いた存在です。一般ユーザーからの認知度も高く、集客力も強いものを持っています。
その3社に続き、革新的なサービスでたびたび話題のファッションECモールのZOZOTOWN、KDDIが運営しauユーザーの取り込みに成功しているWowma!がランクインしました。

ECモールとは

ECモールは、その名の通り、オンライン上のショッピングモールです。1つの大きなサイト=モールの中に、複数の企業やショップが出店・商品の出品をするタイプのECサイトです。
すでに完成されたECシステムを利用するためサイト構築の必要がなく、比較的手軽にオンライン上で商品を販売できるのが特徴です。加えてモールサイト自体の知名度が高く、マーケティングのノウハウも持っているため、単独ではあまり強い集客力を持たない中小規模の企業やショップにおすすめのプラットフォームといえます。

自社ECとの違い

複数のショップが1つの大きなサイトの中に含まれているECモールに対し、独立したドメインをもつECサイトのことを自社ECと呼びます。
自社ECはモールECに比べ、より自由度の高いショップ運営が可能です。また、モールECへの出店は売上に応じた手数料が発生しますが自社ECにはないため、中長期的に考えた場合、モールECよりも高い利益率が見込めます。
ただし、その分サイトの構築に手間とコストがかかる点や、集客力ではどうしてもモールECに遅れをとってしまう場面もあります。

ECモールの種類

ECモールはマーケットプレイス型とテナント型の大きく2つのタイプに分けられます。
加えて、自社ECのモール版である総合管理型ECモールという選択肢も。
それぞれの特徴をみていきましょう。

マーケットプレイス型ECモール

マーケットプレイス型ECモール

マーケットプレイス、という言葉は直訳すると市場という意味です。
マーケットプレイス型ECモールはインターネット上の大きな市場のようなものをイメージすると分かりやすいです。各ショップはモールに「出店」するのではなく、商品を出品します。代表格はAmazonです。
ユーザーからみて、マーケットプレイス型のECモールでは各ショップの独自性はほとんど見えません。Amazonのサイトをイメージしてみるとわかりやすいと思いますが、モールサイトの体裁にすべてならった形になっています。
ショップ側はあくまでも商品をサイトに登録するだけ。そのため、とてもかんたんにEC販売をはじめるられるプラットフォームです。

テナント型ECモール

テナント型ECモール

テナント型ECモールは、大型のショッピング施設をイメージするとわかりやすいです。
モールサイトは施設そのものの建物。その中に、各ショップがそれぞれ店舗を構えて運営をしています。楽天やYahoo!ショッピングはこのテナント型のECモールです。
マーケットプレイス型と比べると、テナント型のECモールのほうが店舗のオリジナリティを出しやすい傾向にあります。

統合管理型ECモール

統合管理型ECモール

自社内で構築するECモールを、総合管理型ECモールと呼びます。
総合管理型ECモールでは、複数の独自ショップ・ブランドを一元管理して運営できます。
ターゲット層が異なる商材グループを複数持っている場合、この手法はブランディングにとても役立ちます。それぞれの顧客基盤を活かした相互送客も可能です。

ECモール開設の費用相場

ECモールへの出店の費用感はいくらくらいになるのか?楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピングの主要3社は基本的に以下のように出店コストがかかります。

楽天市場 Amazon Yahoo!ショッピング
初期費用 6万円 無料 無料
月額費用 月額出店料:50,000円
その他利用料により
平均2〜10万円ほど
大口:4,900円
小口:無料
無料
売上手数料 月間売上高の
2〜4.5%

その他手数料あり
販売手数料:8〜15%
(商品のカテゴリーに
よって異なる)
無料
※別途以下費用が発生
ストアポイント原資負担:
1〜15%
アフィリエイトパートナー
報酬原資:1〜50%
アフィリエイト手数料:
報酬原資の30%

※金額は税抜き表示です。
※2020年6月時点調査データ(各社から公開されているホームページ、IR資料の情報を基に算出)
※プランによって金額・機能が異なります。各サービスは次のプランについて記載しています。(楽天:スタンダードプラン)

ECモールに出店するメリット・デメリット

ECモールへの出店には、いくつかの魅力的なメリットがあります。しかし一方で、自社ECに比べデメリットとなる部分も。それぞれ解説します。

メリット1:集客力

ショップへの集客力の高さは自社ECと比較した際、ECモールに出店する最大のメリットといえるかもしれません。
ユーザーはさまざまなルートを辿ってサイトを訪れますが、その中でも大きな割合を占めるのが検索エンジンを使った自然検索です。自然検索とは、GoogleやYahoo!の検索窓にキーワードを打ち込んでネット上の情報を探すことをいいます。
この自然検索で検索結果の上位に表示されるサイトほど、多くのユーザーの訪問を見込めます。ただし、新しく立ち上げたばかりのサイトにとって上位表示を達成するのはなかなか至難のわざです。費用をかけて広告を打つ、地道にSEOの改善をするなどの対策が必要です。
その点、ECモールはすでにモールサイト自体が力を持っているため、検索結果で上位表示されやすい傾向にあります。また、知名度の高さからモールを指名検索して流入してくるユーザーも一定数いるため、集客力で大きなアドバンテージを持っているのです。

メリット2:ブランド力

価格やサービスの充実度など、ユーザーのネットショップ選びの基準はさまざまです。その中の1つに、ショップの信頼性も含まれています。
諸外国に比べてEC化率の低い日本では、対面ではないネットショッピングに抵抗感をもつ人もまだ少なくありません。そのため、「商品の品質には問題がないか」「ちゃんと購入品が発送されるのか」「個人情報の取り扱いにはきちんと配慮をしているのか」など、そのショップが信頼できるかどうかはとても重要なのです。
モール型ECサイトは、出店に際して審査が必要な場合がほとんど。知名度と実績のあるモールで審査の基準をクリアしたショップであれば、ユーザーに対して安心感をアピールできます。

メリット3:手厚いサポート

主なモール型ECは、出店している企業やブランドに対して充実したサポートを提供しています。
たとえばアクセス解析データやデジタルマーケティングのノウハウです。ネットでの商品・サービスの販売に慣れていない事業者にとって、こうした情報を提供してもらえるのは収益を最大化していく上で大きなメリットといえるでしょう。
また、自社ECであればシステム関連のメンテナンスもすべて自分たちで管理しなくてはいけませんが、ECモールではその必要がありません。
こうしたことを総合的に考えると、やはり初心者であればまずはECモールへの出店を検討するのがおすすめです。

デメリット1:ランニングコストが高い

一方で、ECモールへの出店にはランニングコストがかかります。出店料や月額費用などの固定費に加え、販売手数料もモール側に支払う必要があります。このコストはモールの規模の大きさに比例して高くなると考えてよいでしょう。
そのため、長い目でみた利益率は自社ECに軍配があがる傾向です。

デメリット2:ショップの独自性を出しにくい

ECモールに出店する場合、だいたいにおいてサイトの体裁はモール全体の方針に従うこととなります。とくにAmazonのようなマーケットプレイス型のサイトでは、商品ページでショップのオリジナリティを出すことは困難です。
そのため、ブランドの世界観を大切にしたいという企業やショップには、ECモールはあまりおすすめできない場合があります。もしモール出店を検討するのであれば、サイト全体の雰囲気やほかに出店しているショップの方向性などが、自社の商材とマッチしているかどうかも確認するのがよいでしょう。

デメリット3:商品価格を保ちにくい

多数の企業・ブランドが出店しているモールでは、ユーザーが買い物中、サイト内で類似商品同士をかんたんに比較できてしまいます。そこで起きやすいのが価格競争です。
他社と競って商品価格を下げてしまうと、当然利益率も落ち込んでしまいます。かといって商品価格を保ったままでは商品は売れにくい。ECモールに出店するショップはしばしばこうしたジレンマを抱えることになる可能性があります。

以上の理由などからモールへの出店をしないショップもあります。
一例になりますが、大手アパレルブランドの「ユニクロ」はモールであるAmazonへの出店をしていません。

ECモール5社徹底比較!

ここからは利用者が多く、国内でメジャーな総合ECモール5社についてご紹介していきます。

1.楽天市場

日本にECサイトがやってきたばかりの90年代後半からスタートしている、老舗ECモールです。
連携している楽天カードのポイント還元率の高さが人気で、ほかにも多数の連携サービスがあり、多くの会員IDを獲得しています。
抜群の知名度で、集客力は非常に強固です。また、出店には厳しい審査基準が設けられているので、ブランド力もばっちりです。定期的に開催される「お買い物マラソン」などのキャンペーンもユーザーからの人気が高く、ショップにとっては売上アップのチャンスが多いプラットフォームです。

2.Amazonジャパン

マーケットプレイス型の代表格ともいえる存在のECモールです。Amazon最大の特徴といわれるサービスが、「フルフィルメント by Amazon」。EC販売で発生する業務、保管・梱包・出荷・配送・返品を一貫して行うシステムです。
商品は1つからでも出品がOK。ショップとしての体制が整っていなくても、簡単にオンライン販売をはじめられます。

3.Yahoo!ショッピング

ソフトバンクグループのZホールディングス株式会社の子会社、ヤフー株式会社が運営するテナント型のECモールです。
毎年出店店舗数が増加傾向にあり、楽天・Amazonに続く存在として今なお成長を続けるマンモスECモールです。
大規模なモールでありながら、初期費用・月額固定費・売上手数料が0円という魅力的な特徴があります。短期間だけの出店も可能なので、ポップアップ的にネットショップを開きたい事業者にもおすすめできます。

4.Wowma!

KDDIグループが運営する総合ECモールで、ポイントの還元率が高く、多くのユーザーから評価を得ています。
auユーザーなら購入金額に応じて利用料金が割引になるなど、通信サービスと連携したユーザーの囲い込みに注力しています。ECの利用はauユーザーでなくても可能です。

5.Qoo10

比較的若年層の女性向け商材の販売であれば、Qoo10がおすすめ。シンプルな料金体系で、申し込みから最短3日で商品が販売できます。スマホからの集客に強いという特徴も持っています。
また、Qoo10の運営元はeBay Japan合同会社。eBayといえば、世界有数のマーケットプレイスです。その傘下であるQoo10も、越境ECとしての強みを持っています。

まとめ

ここまでお読みいただきありがとうございました。
今回はECモールについてご紹介しましたが、ネットショップをオープンさせる方法はほかにもたくさんあります。事業の規模や扱う商材によって、最適な選択は異なるでしょう。

ECモールは中でも最初のスタートが切りやすいプラットフォームで、サイト構築の知識がない方へもおすすめです。ご紹介したようにモールにもいくつか種類がありますので、商材や事業規模にあったサービスを選ぶことが売上アップへの近道となります。

まずは15日間の無料体験から

業界No.1のネットショップ・ECサイト構築サービスMakeShopには、売上改善に役立つ豊富な機能と、運営上の不安を払しょくするためのサポート体制が揃っています。

ネットショップ・ECサイト開業に少しでも興味がある方は、ぜひご利用ください。
毎日たくさんの方にお申し込みいただいております。

まずは15日間の無料体験から
1分で完了します
無料体験をはじめる