「MakeShop」と連携するネットサービスやシステムインテグレータ向けの「MakeShopテクニカル・パートナー認定制度」開始〜ASPの枠を超え、多様化する機能拡張ニーズに対応〜
  • Facebook
  • twitter
  • google plus
2014年1月23日
報道関係各位
GMOメイクショップ株式会社

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「MakeShop」と連携するネットサービスやシステムインテグレータ向けの
「MakeShopテクニカル・パートナー認定制度」開始
〜ASPの枠を超え、多様化する機能拡張ニーズに対応〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  GMOインターネットグループのGMOメイクショップ株式会社(代表取締役社長:向畑 憲良 以下、GMOメイクショップ)は、ネットショップ構築サービス「MakeShop(URL:http://www.makeshop.jp)」とシステム連携するITプロダクトを持つ企業や、システムインテグレータ(SI)事業者などのEC支援企業を対象に、その技術力と信頼性を評価・認定する「MakeShopテクニカル・パートナー認定制度」を本日1月23日(木)より開始いたしました。
本制度で認定を受けたITプロダクトを有する企業やSI事業者は、システム連携に不可欠な「MakeShop」のAPIの無償利用および専属の技術スタッフによる連携サポートを受けられると同時に、「MakeShopテクニカル・パートナー」として、「MakeShop」をご利用のショップ運営者へアプローチが可能となります。

テクニカルパートナー制度
【「MakeShopテクニカル・パートナー認定制度」制定の背景】
「MakeShop」は、現在、業界最高水準の650超の機能を提供しており、大規模なネットショップを運営する大手企業向けには、そのショップ専用の機能拡張ができるようAPI開放し、また同APIを活用した各種ITプロダクトとの自動連携の開発にも対応するなど、機能開発に加えて外部システムとの連携も積極的に進めております。
また、2013年10月には、株式会社オービックビジネスコンサルタントの「奉行シリーズ」と連携し、実店舗とネットショップ間の商品データや在庫数の管理を効率化した、新型ネットショップ構築サービス「MakeShop for奉行」を提供しています。

 このように「MakeShop」では、ショップの規模や取扱商品に応じて効率のよいショップ運営が実現できるよう、機能開発と外部システムとの連携を積極的に進めておりますが、今後さらに多様化する機能拡張のニーズにお応えするには、高い技術力を持った企業やSI事業者とさらに強固に連携していく必要があると考えました。
そこで「MakeShop」では、「MakeShop」とシステム連携したITプロダクトを有する企業やSI事業者向けの「テクニカル・パートナー認定制度」を制定しました。
認定を受けた企業にとっては、システム連携に不可欠なAPIの無償利用や専属の技術スタッフによる連携サポートが受けられるだけでなく、公式「MakeShopテクニカル・パートナー」として企業サイトまたは広告上で呼称することができるため、顧客への信頼性が高まります。
GMOメイクショップは、今後もASPの枠を超えた柔軟な機能の開発およびサービス向上に取り組み、「MakeShop」をご利用されるネットショップ運営者の業務効率の改善や売上増加に繋がる、より高度なサービスを提供するべく邁進してまいります。

【「MakeShopテクニカル・パートナー認定制度」概要】

対象:
・ITプロダクトおよび基幹システムを有する企業
・システムインテグレータ

審査基準:
・競争力の高いITプロダクトを有すること
・MakeShopに関する知識

特典:
・「MakeShopテクニカル・パートナー」の呼称
・API及び技術サポートの無償提供 (※通常は有償)
・「MakeShop」取次手数料のお支払い※提携内容に応じて設定を行います。

APIを利用した機能拡張の例:
・販売管理システムへの注文データの自動登録。
・実店舗の会員・ポイントデータとの自動連携。
・WMSへ出荷データの自動登録。および、出荷済み伝票の配送伝票番号をWMSからMakeShopへ自動登録。
・注文・在庫・商品マスターの一元管理ツールとの連携     等

申込方法:
以下の問い合わせ先において、「MakeShopテクニカル・パートナー希望」であることをご連絡ください。担当より必要書類などをご案内いたします。
GMOメイクショップ株式会社 法人営業チーム 担当:森
電話:03-5728-6243   Mail:soudan@makeshop.jp


【GMOメイクショップ株式会社について】
GMOメイクショップは、タグライン “EC for a better future.”と、スローガン“あなたの本気を本気でサポート”のもと、高機能ネットショップ構築・運営ASP「MakeShop」を中核にサービスを展開しています。国内2万2,000店舗以上の導入実績を誇り、2013年1月〜12月には、総流通額で業界初となる1,000億を突破いたしました。これまでのサービス運営で培った高い技術力と豊富な実績を活かし、「MakeShop」をご利用のショップ運営者様に向けて、商品出品サービス「アイテムポスト(http://www.itempost.jp/)」やスマートフォン表示対応など、時代に即した新しいサービス・機能を拡張し続けています。GMOメイクショップは、より多くのお客様に利便性の高いサービスをご利用いただけるよう、今後もECサービスの強化を図り、国内のEC市場の活性化に貢献してまいります。
以上

【報道関係お問い合わせ先】
●GMOメイクショップ株式会社 広報担当 三田村
TEL:03-5728-6227 FAX:03-5728-6225 E-mail:info@makeshop.jp

●GMOインターネット株式会社 グループ広報・IR部 細田・石井
TEL:03-5456-2695 FAX:03-3780-2611 E-mail:pr@gmo.jp

【サービスに関するお問い合わせ先】
●GMOメイクショップ株式会社 法人営業チーム 担当:森
TEL:03-5728-6243 E-mail:soudan@makeshop.jp

【GMOメイクショップ株式会社 会社概要】
会社名 GMOメイクショップ株式会社 < http://www.makeshop.jp>
所在地 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表取締役社長 向畑 憲良
事業内容
■EC-ASP事業
■ECソリューション事業
■Web制作事業

【GMOインターネット株式会社 会社概要】
会社名 GMOインターネット株式会社 < http://www.gmo.jp/ >
(東証第一部 証券コード:9449)
所在地 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表取締役会長兼社長 熊谷 正寿
事業内容
■WEBインフラ・EC事業
■インターネットメディア事業
■インターネット証券事業
■ソーシャル・スマートフォン関連事業



  • Facebook
  • twitter
  • google plus