ネットショップ開業、ショッピングカートならMakeShop

3PL事業者との連携により「MakeShop for フルフィルメント」開始
  • Facebook
  • twitter
  • google plus
2013年9月19日
報道関係各位
GMOメイクショップ株式会社

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3PL事業者との連携により「MakeShop for フルフィルメント」開始
〜受注情報の自動連携で、即座に発送、最短で当日お届けが可能に〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 GMOインターネットグループのGMOメイクショップ株式会社(代表取締役社長:向畑 憲良 以下、GMOメイクショップ)は、ネットショップ構築サービス「MakeShop」において、3PL事業者(*1)と連携し、受注〜出荷までの業務を効率化するサービス「MakeShop for フルフィルメント(*2)」を本日2013年9月19日(木)より開始いたします。
ショップ運営者は、「MakeShop for フルフィルメント」を利用することで、受発注データが3PL事業者に自動送信され、受注処理を含む物流業務のほぼすべてを委託することができます。

(*1) 3PL事業者:顧客の配送・在庫管理など、流通機能全般を一括して請け負うアウトソーシングサービス。 (*2) フルフィルメント:特に通信販売やeコマースにおいて、受注から商品引き渡しまでの一連のプロセスを総称する言葉。

MakeShopEXPO

【「MakeShop for フルフィルメント」サービスの提供について】
 インターネットでの商品購入が一般的となりつつある昨今、ネットショップ運営者の商品受注から出荷に至るまで処理業務の負担も大きくなっており、ネットショップのさらなる成長のためにも、こうした運営にかかる負担をどのように減らしていくかが課題となっています。
この度「MakeShop」は、多くのショップ運営者が抱えるこうした課題を解決するべく、3PL(*2)事業者と連携し、ショップの規模に合わせて受注情報の送信機能の開発を行い、受発注の効率化を実現する物流サービス「MakeShop for フルフィルメント」を提供するにいたりました。これにより、ショップ運営者は、3PL事業者へ商品発送業務のほぼすべてを委託でき、ショップへの集客やマーケテイングなどに注力することが可能となります。

特徴1.MakeShopの管理画面と倉庫システムが連携、シームレスな処理が可能に。
「MakeShop for フルフィルメント」では、お客様のネットショップと3PL事業者の倉庫システムの連携開発を行い、商品情報の自動送信を可能にいたします。商品の注文が入ると、ショップの商品を管理する3PL事業者に自動で受注情報が送信されるので、ショップ運営者は、注文が入る度に3PL事業者へ受注情報を送り、発送を手配する必要がありません。

特徴2.発送業務の作業負担・時間の大幅削減で、最短で当日お届けが可能に
3PL事業者側に受注情報が届くと即座に、倉庫での商品のピッキングから、梱包、伝票作成、発送までの一連の商品発送業務が行なわれるので、購入者への商品引き渡しまでの時間も短縮でき、最短で受注日の当日に発送・お届けといったことも可能になります。

特徴3.店舗の強みを活かす、運用にあわせた柔軟なカスタマイズ対応。
ショップの商品在庫のボリュームに合わせて倉庫スペースを選択したり、管理している商品ジャンルによって、委託する倉庫業(商品の検品、撮影、ピッキング処理など)をカスタマイズしたりすることも可能です。

【「MakeShop for フルフィルメント」のご利用料金】

ご利用料金:委託内容によって異なるため、案件ごとのお見積もりとなります。

サービス内容:
<GMOメイクショップ側>
・3PL事業者への取り次ぎ
・受注情報の自動送信連携
※お取次ぎする3PL事業者への委託内容はご相談ください。
(商品梱包、伝票作成、発送業務、保管、検品、ピッキング処理など)

お申込み方法:MakeShop for フルフィルメントサイトのお問い合わせフォーム、またはお電話でお問い合わせください。
URL:http://makeshop.jp/main/support/notice/info_detail.html/20130919161055.html

注意事項:
・ご利用料金は、「MakeShop」と3PL事業者の倉庫システムとの連携機能のシステム開発費用を含みます。商品点数、在庫規模等に合わせて、3PL事業者の倉庫システムとの連携を開発いたします。
・別途、MakeShopご契約プランの月額費用が発生いたします。
・別途、3PL事業者とのご契約及びご利用料金が発生します。

【GMOメイクショップ株式会社について】
 GMOメイクショップは、タグライン “EC for a better future.”と、スローガン“あなたの本気を本気でサポート”のもと、高機能ネットショップ構築・運営ASP「MakeShop」を中核にサービスを展開しています。国内2万2,000店舗以上の導入実績を誇り、2012年1月〜12月には、総流通額で業界No.1を獲得しています。これまでのサービス運営で培った高い技術力と豊富な実績を活かし、「MakeShop」をご利用のショップ運営者様に向けて、商品出品サービス「アイテムポスト(http://www.itempost.jp/)」やスマートフォン表示対応など、時代に即した新しいサービス・機能を拡張し続けています。GMOメイクショップは、より多くのお客様に利便性の高いサービスをご利用いただけるよう、今後もECサービスの強化を図り、国内のEC市場の活性化に貢献してまいります。
以上


【報道関係お問い合わせ先】
●GMOメイクショップ株式会社 広報担当 三田村
TEL:03-5728-6227 FAX:03-5728-6225 E-mail:info@makeshop.jp

●GMOインターネット株式会社 グループ広報・IR部 細田・石井
TEL:03-5456-2695 FAX:03-3780-2611 E-mail:pr@gmo.jp

【GMOメイクショップ株式会社 会社概要】
会社名 GMOメイクショップ株式会社 < http://www.makeshop.jp>
所在地 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表取締役社長 向畑 憲良
事業内容
■EC-ASP事業
■ECソリューション事業
■Web制作事業

【GMOインターネット株式会社 会社概要】
会社名 GMOインターネット株式会社 < http://www.gmo.jp/ >
(東証第一部 証券コード:9449)
所在地 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表取締役会長兼社長 熊谷 正寿
事業内容
■WEBインフラ・EC事業
■インターネットメディア事業
■インターネット証券事業
■ソーシャル・スマートフォン関連事業



  • Facebook
  • twitter
  • google plus