他社との機能・サービス・料金比較

MakeShopと他社サービスではどのように違うのか?
実際に比較検討の声をよくいただくサービスについて、機能面、コスト面、最近のトレンドを徹底比較してみました。

ネットショップ主要3サービス機能面の比較

ここからご紹介する表の項目については、よく使われている、便利だと一般的に言われている機能やサービスです。
まずは、表をご覧ください。

項目名 機能 MakeShop ショップサーブ フューチャーショップ
項目名 機能 MakeShop ショップサーブ フューチャーショップ
サポートサービス サポート教材 ○ ○ ○
※オンラインマニュアル
運営サポート ○ ○ ○
電話サポート ○ ○ ○
メールサポート ○ ○ ○
セミナー・
個別相談会
○ ○ ○
開店代行サービス ○ ○
運営(バックヤード)のオプション 商品保管・
発送代行
○
商品撮影代行
サービス
○ ○
販売機能 定期購入機能 ○ ○ ○
クーポン機能 ○ ○ ○
バンドル販売
(まとめ販売)
○ ○ ○
レコメンド機能 ○ ○
※外部サービス連携
○
予約販売 ○ ○ ○
カテゴリー多階層化 5階層 5階層 5階層
集客機能(提携掲載) Yahoo!
ショッピング
○
価格.com ○ ○
LINEショッピング連携 ○
Criteo連携 ○ ○ △
※システム連携なし
Google商品
リスト広告
○ ○ ○
アフィリエイト広告連携 ○ ○ ○
Instagram連携 ○ ○ ○
決済機能(クレジットカード以外) 銀行振込
代金引換
コンビニ決済
後払い決済
ウォレット決済
○ ○ ○
キャリア決済 ○ ○
Amazon Pay ○ ○ ○
LINE Pay ○
楽天ペイ ○ ○ ○
ネット銀行 ○ ○ ○
PayPay ○ ○ ○
CRM(顧客管理・メール配信) メルマガ配信機能 500,000通/月 50,000通/月 400,000通/月
※超過は1円/通
ステップメール機能 ○ ○
※有料サービスにより可能
会員グループ別
送料設定
○
※オプション
会員グループ別
決済方法変更
○
※オプション
複数店舗会員情報連携機能 ○

※2020年6月時点調査データ(各社から公開されているホームページ、IR資料の情報を基に算出)
※プランによって金額・機能が異なります。
また、別途費用・オプション料金が発生するものもございます。
各サービス詳細は各社へお問い合わせください。

ご覧の通り、上記3社のサービスは販売機能面やサポートなども充実しているといえます。
そのなかでもMakeShopはYahoo!ショッピングやLINEショッピングと連携ができ、本店サイトの集客に活用できる細かな機能面も充実しております。

売れるネットショップを開設するには、機能面、集客面、各種サポート、ショップで利用できる決済などが充実していることが重要になってきます。

ショップが売れるようになってきたら利用しているサービスを安価なものから、高機能なサービスへ乗り換えようというご相談をショップ様からいただくこともございますが、あまりお勧めはいたしません。

サービスの乗り換えのためには、ショップ運営を一時中断しなければいけなかったり、乗り換えコストが(平均で数万円〜数十万円※)発生したり、ショップ運営で忙しい中で作業時間を確保しなければいけなかったりなど、とてもたいへんです。

ネットショップ運営での成功を目指すならば、最初の段階で機能やサポートが充実したサービスを選ばれることをお勧めいたします。
※各社のデータ移行サービス利用時の目安価格

MakeShopはまずは15日間の無料体験からお試しいただけます

1分でかんたん無料体験してみる

ネットショップ主要3サービス費用面の比較

次に、月額料金やクレジットカード手数料、注文手数料など、実際に運営した場合のコストを比較にしてみましたのでご紹介します。

MakeShop ショップサーブ フューチャーショップ
MakeShop ショップサーブ フューチャーショップ
初期費用 10,000円 15,000円 22,000円
月額費用 10,000円 11,400円 26,000円
注文処理手数料 0円 34円/1件あたり 0円
クレジットカード費用 4,750円/月
3.6%/手数料
無料
3.675〜4.725%/手数料
1,500円/月
3.2〜3.5%/手数料
ショップの売上に応じて発生する月額費用
月商50万円の場合 35,750円 36,175円 55,500円
月商100万円の場合 53,750円 57,950円 71,500円
月商500万円の場合 197,750円 232,150円 199,500円

商品点数500点以内、一般的に導入したほうが好ましいといわれる決済各種と機能を利用し注文単価5,000円で表に記載の月商を売り上げた場合に、毎月発生する費用の一例になります。

料金情報は各社のサービスサイトの情報を元に計算しております。料金の改定などで内容に変更が生じる場合がございます、ご了承ください。(2020年6月時点)

※プランによって金額が異なります。各サービスは次のプランについて記載しています。
MakeShop:プレミアムショッププラン、ショップサーブ:パブリック、futureshop:Standardプラン(500)

MakeShopはまずは15日間の無料体験からお試しいただけます

1分でかんたん無料体験してみる

ネットショップ主要3サービスご利用店舗数、流通額の比較

次に3サービスのご利用店舗数と、流通額(利用店舗様のショップ売上の合計)をご紹介します。

利用店舗数について

ショップサーブ:Eストアー社の決算報告資料、公開されているホームページに記載のショップサーブ単体での利用件数を引用し(グラフ実線部分)、その後の決算報告資料内の全サービス契約数推移を元に当社で推定したものをグラフ化しました。(グラフ点線部分)
フューチャーショップ:公開されているホームページなどから利用件数を引用しました。(自社調べ2020年6月時点)

流通額について

ショップサーブ:Eストアー社の決算報告資料内の1店舗あたりの流通額と利用店舗数から推定しました。
フューチャーショップ:公開されているホームページなどから引用しました。(自社調べ 2020年6月時点)

ご利用店舗数ではMakeShopのプレミアムプランが右肩上がりにユーザー様を増やしており、業界No.1(※1)の利用店舗数となっております。

また流通額でもMakeShopが8年連続で業界No.1(※2)となっております。
費用面で比較してもお得に利用できるのでユーザー数の伸びもご納得だと思います。

※1ネットショップASPサービスで月額料金が1万円以上の各社サービスで比較(自社調べ 2020年6月時点)
※2ネットショップASPサービス運営企業各社の発表数値より比較(自社調べ 2020年6月時点)

MakeShopはまずは15日間の無料体験からお試しいただけます

1分でかんたん無料体験してみる

無料、安価なネットショップサービスとの比較

安い料金や無料で手軽に利用できるショッピングカートも、テレビCMなどで有名になっておりMakeShopとの違いについて相談されることがあります。
手軽にショップを作ることはできるのですが、機能やサポート、集客面などが充実していない場合も多く、ショップを作ってみたが「やりたいことができない」、というケースもございます。
また、売上に対して手数料が発生するケースが多いので、ショップが売れてくると、結局はMakeShopと同じくらい、またはそれ以上に費用がかかる、というケースもあるのでサービス検討段階で慎重にご判断ください。

無料カートからMakeShopへ乗り換えたお客様の声

カラーミーショップ BASE STORES
カラーミーショップ BASE STORES
初期費用 3,000円 0円 0円
月額費用 3,000円 0円 0円
決済・売上手数料 4〜5% 6.6%+40円 5%
ショップの売上に応じて発生する月額費用
月商50万円の場合 37,000円 37,000円 25,000円
月商100万円の場合 62,000円 70,000円 50,000円

商品点数500点以内、一般的に導入したほうが好ましいといわれる決済各種と機能を利用し注文単価5,000円で表に記載の月商を売り上げた場合に、毎月発生する費用の一例になります

料金情報は各社のサービスサイトの情報を元に計算しております。料金の改定などで内容に変更が生じる場合がございます、ご了承ください。(2020年6月時点)

※プランによって金額が異なります。各サービスは次のプランについて記載しています。
カラーミーショップ:レギュラー、BASE:−(調査時点でプランは1つのみ)、STORES:フリープラン

MakeShopはまずは15日間の無料体験からお試しいただけます

1分でかんたん無料体験してみる