ネットショップ開業、ショッピングカートならMakeShop

「MakeRepeater」が「アドエビス」と連携。 〜WEB上での行動履歴を利用して、最適なメールマーケティングを行えるオプションサービスを提供開始〜
  • Facebook
  • twitter
  • google plus
2018年3月27日
報道関係各位
GMOメイクショップ株式会社


 GMOインターネットグループのGMOメイクショップ株式会社(代表取締役社長:向畑 憲良 以下、GMOメイクショップ)が提供する、ネットショップ向けマーケティングツール「MakeRepeater(メイクリピーター) byGMO(以下、MakeRepeater)」(URL:http://www.makerepeater.jp )は、株式会社ロックオン(代表取締役:岩田 進 以下、ロックオン)のマーケティングプラットフォーム「AD EBiS(以下、アドエビス)」と連携し、WEB上の様々なユーザー行動履歴をメールマーケティングに活用できる「MakeRepeater × AD EBiS 連携オプションサービス」を、本日2018年3月27日(火)より無料で提供開始いたしました。
これにより「MakeRepeater」および「アドエビス」をご利用のショップ運営者は、例えば『リスティング広告のクリック回数が1回以上、5回以下のユーザー』といった細かな条件で「アドエビス」からユーザーを抽出し、連携している「MakeRepeater」に送ることで、希望条件に該当するユーザーに最適な内容をメール配信することができます。また、「MakeRepeater」で分析したショップの顧客の購買情報と組み合わせて、さらに精緻なセグメントを作成することも可能です。
 


【サービス連携の背景】
「MakeRepeater × AD EBiS 連携オプションサービス」は、両サービスをAPI連携することで、「アドエビス」で収集・蓄積したユーザーのWEB行動履歴などを活用し購買情報をもとに、希望の条件に該当するユーザーへ、「MakeRepeater」からのメール配信が可能となる機能です。
■特長1)誰でも簡単に、WEB行動履歴と購買履歴を組み合わせたメールマーケティングが可能
「アドエビス」の管理画面より、希望の条件でユーザーを抽出した後は、管理画面上から簡単な操作で「MakeRepeater」にユーザーリストを送ることが可能です。「MakeRepeater」側では、自動でユーザーセグメントが作成されるので、 当該セグメントへ訴求したい内容のメールを配信するだけで、ユーザーのWEB行動履歴に基づいた最適なメールマーケティングが可能になります。 また、「MakeRepeater」で分析したショップの顧客の 購買履歴などを組み合わせて、「MakeRepeater」上でさらに精緻なセグメントを作成し、メール配信することも可能です。
■特長2)「アドエビス」のオプション機能で、さらに高度なセグメントも可能
 「アドエビス」では、ユーザーが接触した広告のクリック数や、ページ閲覧などのWEB上の行動履歴を蓄積しているため、例えば『リスティング広告のクリック回数が1回以上、5回以下のユーザー』といった細かな条件で、ユーザーを抽出することができます。
さらに「アドエビス」のオプション機能である「SEOエビス」をご利用の方は、『自然検索流入が1回以上、5回以下のユーザー』といった条件、「LOGエビス」をご利用の方は『サイトのPV数が3回以上、5回以下のユーザー』といった条件でもユーザーを抽出することができます。

<ご利用概要>
                                                
対象者           「「MakeRepeater」および「アドエビス」をご利用のショップ運営者*上記の両サービスをご利用であれば、お使いのカートは問わずご利用いただけます。
ご利用料金(※4)       初期費用、月額費用ともに無料
*別途「MakeRepeater」および「アドエビス」の利用料金が必要となります。 詳細は各サービスまでお問い合わせください。
お申込み方法      お電話もしくはメールでお問い合わせください。
TEL:03-5728-6224 E-mail:help@makeshop.jp
【アドエビスについて】(URL:https://www.ebis.ne.jp/)
 ロックオンが提供する「アドエビス」は、顕在層向け施策である、刈り取り型の広告の効果測定はもちろん、潜在層向け施策であるコンテンツマーケティングや動画広告、マス媒体であるテレビCMに至るまで、あらゆるマーケティング活動におけるユーザー接触ログデータ(行動履歴)を収集・蓄積することができます。蓄積したログデータを用いることにより、マーケティングにおけるパフォーマンス最大化のための仮説立て・予算最適化・検証が行える、マーケティングプラットフォームです。
  【GMOメイクショップ株式会社について】
 GMOメイクショップは、“EC for a better future.”と、スローガン“あなたの本気を本気でサポート”のもと、ネットショップ構築ASP「MakeShop」を中核にサービスを展開しています。「MakeShop」は国内2万店舗以上の導入実績を誇っており、2016年1月〜12月には総流通額が1,441億円に達し、5年連続で業界No.1を獲得いたしました。これまでのサービス運営で培った高い技術力と豊富な実績を活かし、「MakeShop」のシステムをベースに「予約販売機能」や「定期購入機能」、BtoBサイト構築を可能にする「BtoBオプション」、社内販売専用ショップを構築できる「シークレットショップ機能」など、店舗様のご要望に応じた様々な機能を追加しています。
 また、2013年から提供している「MakeShop」の上位プラン「カスタムMakeShop for クラウド」では、外部基幹システムや販売管理システム、POSシステムとの連携も可能となっています。今後もGMOメイクショップは、広範なEC領域において、店舗様が抱える様々な課題を解決できるよう、今後もサービスの強化を図り、国内のEC市場の活性化に貢献してまいります。

【参考URL】
・「MakeRepeater」URL:http://www.makerepeater.jp
・「アドエビス」URL:https://www.ebis.ne.jp/

【報道関係お問い合わせ先】
●GMOメイクショップ株式会社
プロモーション戦略室 広報・IRチーム 佐々木
TEL:03-5728-6227 E-mail:pr@ml.makeshop.jp
●GMOインターネット株式会社 グループ広報・IR部 石井・島田
TEL:03-57456-2695 E-mail:pr@gmo.jp

【サービスに関するお問い合わせ先】
●GMOメイクショップ株式会社
TEL:03-5728-6224 E-mail:help@makeshop.jp

【GMOメイクショップ株式会社】(URL:http://www.makeshop.jp/
会社名 GMOメイクショップ株式会社
所在地 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者 代表取締役社長 向畑 憲良
事業内容
■EC-ASP事業
■ECソリューション事業
■Web制作事業
資本金 5,000万円

【GMOインターネット株式会社】(URL:https://www.gmo.jp/
会社名 GMOインターネット株式会社
所在地 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者 代表取締役会長兼社長・グループ代表 熊谷 正寿
事業内容
■インターネットインフラ事業
■インターネット広告・メディア事業
■インターネット金融事業
■モバイルエンターテイメント事業
資本金 50億円



  • Facebook
  • twitter
  • google plus