「MakeShop」が注文可能な最小金額をエリア別に設定できる機能を追加 新たに「ケータリング・デリバリーオプション」として提供開始 〜サントリーグループの「とんかつ まい泉」などで導入が決定〜
  • Facebook
  • twitter
  • google plus
2016年3月16日
報道関係各位
GMOメイクショップ株式会社

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「MakeShop」が注文可能な最小金額をエリア別に設定できる機能を追加
新たに「ケータリング・デリバリーオプション」として提供開始
〜サントリーグループの「とんかつ まい泉」などで導入が決定〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 GMOインターネットグループでECソリューション事業を展開するGMOメイクショップ株式会社(代表取締役社長:向畑 憲良 以下、GMOメイクショップ)が運営するネットショップ構築サービス「MakeShop(URL:http://www.makeshop.jp)」は、食品やお弁当などのネット宅配サービスを展開する企業向けに提供しているパッケージオプションサービスに「エリア別注文可能最小金額設定機能」を追加し、新たに「ケータリング・デリバリーオプション」として本日3月16日(水)より提供開始いたしました。
 「MakeShop」をご利用のネット宅配サービス事業者は、「エリア別注文可能最小金額設定機能」を利用することで、買い物カゴに入れられた商品が一定の金額に達していないと注文されないように制限をかけることができます。また、配送地域によって変動する物流コストと採算が合うよう、配送エリアごとに注文可能最小金額を自由に設定することが可能となります。
 この「ケータリング・デリバリーオプション」導入により、1注文あたりの売上と宅配にかかる人件費・輸送費などの物流コストとバランスを保つことができ、一定の収益性を確保することができます。



【「ケータリング・デリバリーオプション」提供開始の背景】
 近年、食品や日用品などを注文から短時間で自宅まで届けるネット宅配市場は、忙しくて買い物に行けないビジネスマンや主婦を中心に年々利用が増えております。2014年度の食品宅配サービス総市場規模は、前年度比102.9%の1兆9,348億円となり、2019年度には2兆1,470億円規模に拡大すると予測されています。(※1)
 しかし一方で、業界の垣根を越えた様々な事業者がネット宅配市場に積極的に参入していることによる価格競争の激化や、宅配業者の値上げによる物流コスト上昇で生じる収益性の低下が、昨今の課題となっています。
 そこで「MakeShop」は、こうしたネット宅配における課題解決を支援するべく、2010年9月から提供しているネット宅配サービス向けパッケージオプション「ネットスーパーデリバリープラン」において、新たに「エリア別注文可能最小金額設定機能」を開発・追加し、この度「ケータリング・デリバリーオプション」と名称変更して提供開始いたしました。
 「ケータリング・デリバリーオプション」は、すでに、サントリーグループが運営する「とんかつ まい泉」をはじめとする複数のネットショップで導入が決定しております。
 今後も「MakeShop」は、ネット宅配サービス事業者のニーズにあわせた機能の開発を進め、ネット宅配市場のさらなる拡大と事業者支援に努めてまいります。
(*1)出典:矢野経済研究所「食品宅配サービス市場に関する調査結果2015」」(2015年7月27日発表)

【「ケータリング・デリバリーオプション」について】(URL:https://www.makeshop.jp/main/attraction/catering_delivery/)
<「ケータリング・デリバリーオプション設定画面>



【ご利用料金】(金額は全て税抜)
                                                       
対象サービス           「MakeShopプレミアムプラン」、「カスタムMakeShop」
ご利用料金(*2)       初期費用:委託内容によって異なるため、案件ごとのお見積もりとなります。
月額費用:無料
機能一例       ・「エリア別注文可能最小金額設定機能」
・「エリア別会員設定機能」
・「配送グループ設定機能」
申し込み方法       「ケータリング・デリバリーオプション」の紹介ページよりお申し込みください。
サービス紹介URL     https://www.makeshop.jp/main/attraction/catering_delivery/

(*2)別途「MakeShop」の利用料金が必要となります。詳細はURL:http://www.makeshop.jp/main/plan/ をご参照ください。

【GMOメイクショップ株式会社について】
 GMOメイクショップは、タグライン “EC for a better future.”と、スローガン“あなたの本気を本気でサポート”のもと、高機能ネットショップ構築・運営ASP「MakeShop」を中核に、各種ECソリューションを提供しています。国内2万2,000店舗以上の導入実績を誇っており、2014年1月〜12月には総流通額が1,291億円に達し、3年連続業界No.1を獲得いたしました。これまでのサービス運営で培った高い技術力と豊富な実績を活かし、「MakeShop」をご利用のショップ運営者様に向けて、商品出品・集客サービス「アイテムポスト(http://www.itempost.jp/)」やスマートフォン表示対応をはじめ、商品仕入れサービス、3PL業者との連携による物流サービス「MakeShop for フルフィルメント」、奉行シリーズの連携による在庫連携サービス「MakeShop for 奉行」、PR・スマートフォン・実店舗間など複数チャネルをシームレスに連携した「MakeShop for オムニチャネル」など、時代に即した新しいサービス・機能拡張および外部システムとの連携をし続けています。
 GMOメイクショップは、より多くのお客様に利便性の高いサービスをご利用いただけるよう、今後もECサービスの強化を図り、国内のEC市場の活性化に貢献してまいります。

以上

【報道関係お問い合わせ先】
●GMOメイクショップ株式会社 プロモーション戦略室 高橋
TEL:03-5728-6227 FAX:03-5728-6225 E-mail:pr@ml.makeshop.jp

●GMOインターネット株式会社 グループ広報・IR部 石井・島田
TEL:03-5456-2695 E-mail:pr@gmo.jp

【サービスに関するお問い合わせ先】
●GMOメイクショップ株式会社
TEL:03-5728-6243 FAX:03-5728-6225 E-mail:soudan@makeshop.jp

【GMOメイクショップ株式会社】
会社名 GMOメイクショップ株式会社 < http://www.makeshop.jp>
所在地 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表取締役社長 向畑 憲良
事業内容
■EC-ASP事業
■ECソリューション事業
■Web制作事業
資本金 5,000万円

【GMOインターネット株式会社】
会社名 GMOインターネット株式会社 < http://www.gmo.jp/ >
(東証第一部 証券コード:9449)
所在地 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表取締役会長兼社長・グループ代表 熊谷 正寿
事業内容
■インターネットインフラ事業
■インターネット広告・メディア事業
■インターネット証券事業
■モバイルエンターテイメント事業
資本金 50億円




  • Facebook
  • twitter
  • google plus