ネットショップ開業、ショッピングカートならMakeShop

カスタマイズできるクラウドEC「MakeShop エンタープライズ」が誕生 〜「カスタムMakeShop」と「カスタムMakeShop for クラウド」を統合〜
  • Facebook
  • twitter
  • google plus
2019年1月31日
報道関係各位
GMOメイクショップ株式会社


 GMOインターネットグループのGMOメイクショップ株式会社(代表取締役社長:向畑 憲良 以下、GMOメイクショップ)は、ネットショップ構築ASP「MakeShop」の大規模ショップ向けプラン「カスタムMakeShop」および、クラウド環境で足りない機能を構築可能なセミカスタマイズ型の「カスタムMakeShop for クラウド」を統合し、2019年1月31日(木)より、「MakeShopエンタープライズ byGMO(以下、MakeShopエンタープライズ)」として提供開始しました。



【サービス統合の背景】
 昨今、BtoC-EC市場は、16.5兆円(2017年。前年比9.1%増)、BtoB-EC市場は、317.2兆円(2017年。9.0%増)(※1)と大きな規模・成長率の中、それらの市場拡大に伴いECサイト構築支援サービス市場も1,400億円(2017年。4.6%増)(※2)と順調に拡大を続けています 。
 こうした市場環境においてGMOメイクショップでは、ネットショップ構築ASP「MakeShop」を中核サービスとして、お客様のネットショップ構築支援サービスを展開しており、導入店舗数は2万2,000店舗超、2017年の年間総流通額は1,480億円に達し、6年連続で業界No.1を達成しています。
 中核サービスの「MakeShop」では、月商100万円以上を目指すショップ向けの「プレミアムショッププラン」と、最上位プランとして商品数1万点を超える中規模以上のショップ向けの「カスタムMakeShop」と、それぞれのニーズに合わせて選べるプランをご用意しています。
 加えて、「MakeShop」をベースにしながらも、基本機能では足りない部分を、お客様の要望に応じてクラウド環境においてカスタマイズする、セミカスタマイズ型の「カスタムMakeShop for クラウド」を提供しています。
 昨今、EC市場の拡大に伴い、ネットショップ運営も、実店舗と連携したショップ運営や、オムニチャネル展開、ショッピングモールへの出店と連動した多店舗展開など多様化しています。こうした中、「実店舗と受注や在庫管理を連動させたい」「POSシステムと連携させたい」など、無駄のないショップ運営を求めて、従来のネットショップ構築の機能だけでは補えない、独自機能のカスタマイズに対する需要が高まっています。
 そこでGMOメイクショップは、カスタマイズ需要の今後のさらなる高まりを踏まえ、「カスタムMakeShop for クラウド」のセミカスタマイズ型独自のメリットをより分かりやすく訴求すべく、今後、カスタマイズのニーズが高まると予測される層を包括して対応できるよう、「MakeShop」の最上位プラン「カスタムMakeShop」と、「カスタムMakeShop for クラウド」を統合し、「MakeShopエンタープライズ」として提供開始いたしました。
(※1) 経済産業省「平成29年度 我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備 (電子商取引に関する市場調査)」
(※2) 株式会社矢野経済研究所「ECサイト構築支援サービス市場の実態と展望2017」

【「MakeShop エンタープライズ」について】(URL:https://www.cloudec.jp/
 「MakeShop エンタープライズ」は、ネットショップ構築のベースとなる基本機能については、常に最新のものを利用できるASPで提供し、その他のお客様専用にカスタマイズした機能については、クラウド環境で提供する、GMOメイクショップ独自のハイブリッドソリューションです。
 従来の「カスタムMakeShop」をご案内していた、商品点数1万点を超える家電やファッションなどのネットショップや、「カスタムMakeShop for クラウド」をご案内していた、BtoB ECを展開する事業者や、オムニチャネル、O2O展開などを行う中規模以上のネットショップに最適なサービスです。機能のカスタマイズはお客様のショップ運営におけるご要件に合わせてGMOメイクショップが行います。



特徴1:APIにより外部の基幹システムと連携可能
 受発注や商品在庫データは、外部の受注・在庫管理を行う基幹システムとAPIでつなぎ、システム連携させることが可能です。また、お客様が独自に構築されたシステムでもAPIによるシステム連携が可能なので、商習慣や扱う商品の特性に合わせて独自にシステムを構築したいというニーズにもお応えすることが可能です。

特徴2:多種多様な機能のカスタマイズが可能
 Excelで運用している受注・出荷管理や在庫管理などをリアルタイムで通知し、ネットショップおよび実店舗を含む各店舗の在庫の状況を一元的に把握できる機能や、それぞれの会社独自の帳票を出力可能にする機能など、運営するネットショップに合わせたカスタマイズが可能です。

特徴3:機能やセキュリティは定期的に無償アップグレード
 ネットショップ運営に必要な基本機能はすべてASPで標準提供します。お客様は必要に応じて外部システムの調達、独自に必要な機能のカスタマイズをGMOメイクショップにご依頼いただくだけので、フルスクラッチで構築するよりも投資コストを大幅に抑えることができます。また、APIで提供する基本機能は定期的にメンテナンスし、セキュリティのアップグレードや機能強化も無償で行います。そのため無駄な開発費や、メンテナンスに要する時間も抑えることが可能となります。

<サービス概要>         
サービス名 MakeShop エンタープライズ byGMO
基本料金 初期費用:10万円〜
月額費用:5万円〜
カスタマイズ料金 カスタマイズの要件に応じて、お見積もりいたします。
お申し込み 以下のURLよりお問い合わせください。
特設サイトURL https://www.cloudec.jp/


【GMOメイクショップ株式会社について】
 GMOメイクショップは、“EC for a better future.”と、スローガン“あなたの「ホンキ」を「本気」でサポート”のもと、ネットショップ構築ASP「MakeShop」を中核にサービスを展開しています。
 「MakeShop」は国内2万2,000店舗以上の導入実績を誇っており、2017年1月〜12月の年間総流通額は1,480億円に達し、6年連続で業界No.1を獲得いたしました。
 今後もGMOメイクショップは、広範なEC領域において、ショップが抱える様々な課題を解決できるよう、サービスの強化を図り、国内のEC市場の活性化に貢献してまいります。

以上


【報道関係お問い合わせ先】
●GMOメイクショップ株式会社 デザイン戦略部 プロモーション担当 河津・広報担当 戸恒
TEL:03-5728-6227 E-mail:pr@ml.makeshop.jp
●GMOインターネット株式会社 グループ広報・IR部 石井
TEL:03-5456-2695 E-mail:pr@gmo.jp


【サービスに関するお問い合わせ先】
●GMOメイクショップ株式会社
TEL:03-5728-6224 E-mail:help@makeshop.jp

【GMOメイクショップ株式会社】(URL:http://www.makeshop.jp/
会社名 GMOメイクショップ株式会社
所在地 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者 代表取締役社長 向畑 憲良
事業内容
■EC-ASP事業
■ECソリューション事業
■Web制作事業
資本金 5,000万円

【GMOインターネット株式会社】(URL:https://www.gmo.jp/
会社名 GMOインターネット株式会社(東証第一部 証券コード:9449)
所在地 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者 代表取締役会長兼社長・グループ代表 熊谷 正寿
事業内容
■インターネットインフラ事業
■インターネット広告・メディア事業
■インターネット金融事業
■仮想通貨事業
資本金 50億円



  • Facebook
  • twitter
  • google plus